中綴じ印刷を早く安く!最短即日出荷 | 激安短納期印刷のウイッツトーキョー

ブログ

中綴じ印刷を早く安く!最短即日出荷

ウィッツトーキョーにご依頼いただく印刷の中で、最も人気のあるのが「中綴じ印刷」です。当店では、最短で即日のお渡しが可能です。
また、100~300部の印刷でも、格段にお安いお値段で印刷しております。

中綴じ印刷とは

「中綴じ印刷」とは、紙を二つに折りたたみ、見開きの中心部分をホッチキスで綴じた冊子です。
他の印刷と比べた時のメリットは、中心部分をホッチキスで留めるため、ノドと呼ばれるセンターの部分が全て開くことです。
そのため、全面にわたったデザインがされているものを見開きで全て見ることができ、左右のページにまたがる見開きの写真やイラストなどをレイアウトする際に、両ページの根本まで開ける状態にできます。
しかし、「無線綴じ印刷」の場合は、ページが根本まで開かないために、中心の部分は見ることができません。
女性誌などの週刊誌が「中綴じ印刷」、週刊の少年漫画誌が「無線綴じ印刷」と考えていただければよいでしょう。

中綴じ印刷の用途

「中綴じ印刷」は、特定の業種の方からの注文が多いわけではありません。
会社案内やパンフレット、少数の商品カタログなどは、見開きの方がページ全体を見渡せて見栄えがよいため、中綴じ印刷をおすすめしております。
当店では、10ページや26ページのご注文を多くいただいております。

中綴じ印刷をご注文いただく際に重要なのが、冊子の厚さです。
紙を半分に折りたたんで印刷をするため、ページ数が多い場合は綺麗に折ることが難しく、全体がふくらんでしまい見栄えが悪くなります。また、印刷の機械が詰まりやすくなるなどの不具合が生じやすくなります。
技術的には80ページまで作成が可能ですが、紙の厚さによっては対応できない場合もございますので、一般的には40ページまでと考えていただくのがよいでしょう。
当店でも、中綴じ印刷で40ページ以上をご注文の場合には、詳細を確認させていただいてからご対応しております。

納期と価格

200部程度であれば、当日出荷で対応可能です。「中綴じ印刷」を、当日出荷で対応できる業者はかなり少ないと思われます。
当日出荷に関しましては、別途料金が必要ですが、当日出荷をご希望されない場合でも2日で仕上げることが可能です。
一般的な印刷会社では7~10日程度のお時間を要しますので、仕上がりをお急ぎのお客様は、是非当店にご相談下さい。

料金も、お客様にご満足いただけるようお安い値段設定になっております。
価格の一例として、「A4サイズでカラー印刷。紙タイプはコピー用紙で8ページを50部」でご注文内容の場合、4,000円(税別)です。
また、1部の印刷からもご注文を承っており、少部数のご注文でも割高にはならない料金設定です。

対応可能な用紙

当店で取り扱っている用紙は、上質紙、コート紙、マットコート紙の3種類です。
それぞれの用紙対して、厚さが複数あり、全てをあわせると11種類あります。
その中から、コスト面や仕上がりの美しさなどから、お客様のご用途に合わせ用紙をお選びいただくことができます。
ご希望の用紙をお客様がお持ち込みいただくことも可能ですが、印刷をする上で試し印刷が必要になるため、ご希望部数の1.5倍程度の枚数をご用意いただく必要がございます。また、紙質によって印刷が困難な場合もあるため、試し印刷の後にお断りさせていただく場合もございますのでご了承下さい。
用紙をお持ち込みいただいた場合は、割高になり、印刷ができない場合もあるため予めご確認下さい。

印刷のデザインについて

デザインは、お客様の原案をもとに打ち合わせを行ってから決定することも可能ですが、当店で一からデザインをさせていただくこともできます。
また、デザイナーの方から直接ご依頼を受けることもあります。
当店でデザインをさせていたいただく場合は、打ち合わせのお時間が必要になるため、その日数により仕上がりまでお時間をいただきます。印刷自体は2日で対応が可能です。

>>よくわかる!ネット印刷に戻る

アーカイブ

pagetop