激安印刷サービス(2-7営業日発送) - クリアファイル印刷

オリジナルクリアファイルは、企業やお店の宣伝、オリジナルグッズ、ノベルティなどに大活躍する商品です。 ウイッツトーキョーでは短納期で100部単位のご注文いただけます。

土日祝日はデータチェック・出荷業務は行っておりません。営業日にはカウントされませんのでご注意ください。

クリアファイルとは

自由なデザインでカラー印刷できるオリジナルクリアファイルは、パンフレットや資料を入れてお客さまにお渡しすれば企業や店舗の強力な販促ツールとして活用できます。また記念品やオリジナルノベルティグッズとして作成したり、サークルやクラス単位で使う人数分のオリジナルクリアファイルなどにもおすすめします。

用途・使用シーン

販促グッズ
営業の際にお渡しする資料をオリジナルのクリアファイルにまとめてお客さまにお渡しすれば、企業アピールの魅力ある販促グッズとしてご活用いただけます。展示会などの資料配布にも便利です。
オリジナル商品
お土産やオリジナルグッズに、美しいカラー印刷のクリアファイルは人気の商品です。大部数でご注文いただけば、単価もお安く利益率の高い商品として販売していただけます。
記念品
展示会やイベント、記念式典などで配布する資料をオリジナルクリアフィルにまとめてお渡しすれば、持ち運びもしやすく受け取った方に喜んでいただける、大きくイメージアップにつながる商品です。

テンプレートとデータ作成について

白板印刷について

クリアファイルの素材(PP…ポリプロピレン)は半透明なため、カラー印刷のみではとても透明度の高い仕上りとなってしまいます。また写真やイラストの中に白色で表現されている部分は透明になってしまいます。 そのため、画像の全面に白を印刷する(白版をする)ことで全体を透けにくくすることが出来ます。
白版は、全面ベタと、白版無しのどちらかをお選び頂けますので、ご注文時にご選択ください。

黒色使用の注意点

写真やイラスト等の上に黒ベタ(K100%)のオブジェクトを配置した場合、画面上ではわかりませんが、印刷すると下の絵柄が透けて見えてしまいます。
この現象を防ぐためには、黒ベタ(K100%)ではなく、リッチブラック(K100% C40% M40% Y40%)でデータを作成してください。
キャラクターの黒フチ等や黒い文字を印刷する際にも同様にリッチブラックにて作成してください。

オーバープリント設定の注意点

白色オブジェクトにオーバープリント設定をしないでください

オーバープリントとは色を重ね合わせる設定です。白色の塗りや線、文字にオーバープリント設定を行うと、下色に重なって印刷に反映されなくなります。

画像データについての注意点

画像データは埋め込んだ状態でご入稿してください

データ作成時、画像はリンクではなく、必ず埋め込んだ状態でご入稿してください。

画像データは印刷に適したサイズをご使用ください

印刷用画像データとして適切なサイズは、原寸サイズで350dpiです。
サイズが小さかったり、解像度が低かったりすると、データ作成時に画面で見ているより劣化した状態で印刷されてしまいますのでご注意ください。 ※もともと解像度の低いデータを数値だけ変化させても荒さは変わりません。

その他の注意点

罫線の線幅は0.3pt(0.1mm)以上に設定してください

これより細い場合、印刷した際に線が表現されない可能性があります。

校正見本を添付してください

jpgデータまたはpdfデータを必ず校正見本として添付してください。

データ入稿の際に不要なデータは添付しないでください

トラブルの原因となりますので、「印刷用イラストレータデータ」「校正見本」以外の不要なデータは添付しないようお願いいたします。

一つのフォルダにまとめて、圧縮してお送りください

入稿データは、必ず一つのフォルダにまとめて、圧縮してお送りください。

透明効果について

イラストレータで透明効果(オーバーレイや差の絶対値など)を使用される場合、その部分はラスタライズをしてください。K100%はリッチブラックになるように作成ください。

パターンの使用について

Illustratorで絵柄にパターンを使用された際は、必ず「分割・拡張」処理を行ってください。印刷処理を進行する過程で、パターン絵柄の配置がずれてしまう恐れがあります。

仕上がりの色について

お客様がプリンターで印刷されたものや素材が違うものへの印刷物とは、印刷対象物・インクの関係で色合い・濃さが多少異なる点を御了承ください。また、パソコン画面上の色味とも若干異なります。

弊社テンプレートを使用していないデータについて

弊社規定テンプレートを使用することで、作業の効率化を図っております。
他のテンプレートを使用されたり、テンプレートを使わずに作成したデータを頂いた場合は、再入稿が必要になります。

アピアランスを分割をしてください

全てのアートワークを選択してアピアランスの分割を行ってください。
メニューの「オブジェクト」を開き「アピアランスを分割」が選択出来る場合はアピアランスを分割してください。アピアランスを分割しないと図形が変形したり白フチが無くなったりと思わぬ出力結果になる恐れが有ります。
また、アピアランスを分割をされた際は、絵柄に変化が起きていないかをご確認ください。
特に着色した線画の画像の色が、はずれる場合があります。

ドブ付き絵柄範囲で絵柄にクリッピングマスクを作成してください

ドブ付き絵柄範囲のレイヤーにグレーで作成されているオブジェクトと同サイズ、同位置で絵柄にクリッピングマスクを作成してください。
絵柄がドブ付き絵柄範囲を超えていますと正確な位置に印刷が出来ません。
クリッピングマスクを掛ける際は、プライオリティが変化したり透明効果が外れたりする場合がありますので、ご注意ください。変化等が無いか充分ご確認の上、ご入稿ください。

特色使用について

特色は使用できません。 プロセスカラー4色印刷のみでの作成をお願いします。 特色カラーは全てCMYKの4色に分解の上、ご入稿ください。

pagetop